大学生はバイトをやめよう、奨学金を借りよう!

今回は大学生、これから大学生になる人に向けたメッセージです。

「大学生はバイトをやめよう、奨学金を借りよう!」という趣旨の記事を書きますが、もちろん真面目に大学に通う大学生であることが前提です。悪しからず。

私も大学生の頃はバイトをしていました

かく言う私も大学生の頃は結構バイトをしていました。

家庭教師、コンビニ、パン工場、引っ越しなどなどですね。

それぞれ面白いところもありましたが、基本的にはお金をもらうためにバイトをしていました。

かなり変動がありましたが、バイト代は月1~8万円くらいだったと思います。

貴重な大学時代の時間をバイトに費やすのはもったいない

貴重な大学時代の時間をバイトに費やしてしまうのは、あまりにもったいないです。

バイトは自分の時間を切り売りして、お金に換える行為です。

バイトの時給なんて1000円前後、高くてせいぜい2000円くらいでしょう。

大学時代を有意義に過ごせれば、将来はもっと高い労働単価を得られます。

そんなみなさんが、バイトに時間を費やすことはありません。

バイト代くらいの金額は奨学金を得られる

大学生がバイトを一生懸命頑張ってもせいぜい月10万円程度でしょう。

奨学金は、いろいろと条件にもよりますが毎月2万~12万円借りられます。

つまりバイトで稼げる程度のお金は奨学金で借りられます。

奨学金という借金をしてもいいのか

ただ大学生が奨学金という大きな借金をしてもいいのか、という疑問がある方も多いと思います。

私の意見は「大学時代を有意義に過ごせれば、将来稼げる。だから問題ない」というものです。

若者の将来は長い

労働市場は残酷です。

みんな一生懸命働いても、賃金は人によって違います。

どんなスキルを社会に提供できるかが、賃金を大きく左右します。

大学生にとって重要なのは、目の前のバイト代を稼ぐことではなく、将来の単価を上げることなのです。

奨学金の金利は非常に安い

多くの人に「借金はよくない。借金は怖いものだ」と妄信されがちです。

借金には、してはならない借金としてもよい借金があります。

してはならない借金とは?

無駄遣いのためのお金を高金利で借りるのが、してはならない借金です。

・ ギャンブルのお金を消費者ローンで借りる

・ 高い洋服をリボ払いで買う

・ 車をマイカーローンで買う

なんかがこれに相当します。

してもよい借金とは?

低い金利で将来のための投資を行うことです。

・奨学金を借りる

・(投資になりませんが)住宅ローンで家を買う

なんかがこれに相当します。

奨学金の利子はたかが知れてる

奨学金の借金には利子が付くものもありますが、非常に低い利率です。

利子で増える額は、将来の慇懃増加に比べれば取るに足らないものです。

これについては以降の記事で詳細に話そうと思います。

奨学金は踏み倒せる!

奨学金は踏み倒せます(笑)

語弊がありますが、奨学金を借りた学生が優秀な成績を修めると、奨学金の返済が全額もしくは半額免除になります。

低い利率でお金を借りておいて、返さなくて良い場合があるなんてお得すぎます!

今日特に力説したい点はここです。

バイトする時間があるのであれば、一生懸命勉学に励み、奨学金を返さなくてよいようにすればよいのです。

ただしチャンスが多いのは大学院生です。

私はあまり真面目な学生ではなかったのでダメでしたが(後悔)、私のまわりに免除を受けている友人は何人もいました。

この点も回を改めて今後深く話したいと思います。

おわりに

「借金が怖い」というだけで、利用を踏みとどまるには奨学金はあまりに有用な制度です。

大学時代は、将来への投資をする期間です。

そんな大事な時間をアルバイトなんかで安い賃金を得るのはあまりにわりに合わない行為です。

大学生の皆さん、バイトはやめましょう。その金額の奨学金を借りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です