iDeCo運用報告 -2020年6月-

月に1度、iDeCoの運用成績を見るのが私の小さな楽しみになっています。

相場は少々荒れ模様な中、私のiDeCoの運用成績はどうなっているのか、記録していきたいと思います。

ポートフォリオ

開始当初は微妙に経費率が高いファンドを選んでいたので、途中でファンドを変更しました。

現在は、経費率が低いeMAXIS slimシリーズを選択しています。

ポートフォリオの考え方は当初と変わりません。

先進国株式50%、新興国株式50%です。

具体的には次の通りです。

アセット区分 ファンド名 割合
先進国株式インデックス(MSCIコクサイ・インデックス) eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 50 %
新興国株式インデックス(MSCIエマージング・マーケット・インデックス) eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 50 %

運用成績

現状

SBIベネフィットシステムズ画面のキャプチャー

コース変更の際に、移管した資金が拠出額扱いになってしまい、実際の収支とは若干異なります。

実際の運用状況は次の通りです。

拠出額累計 現在の評価額 運用益
156,000円 124,147円 -31,853円(-20.4%)

がっつりマイナスですね(笑)

運用状況の推移

iDeCo開始当初から現在までの運用状況をグラフにしました。

グラフのレンジが間違っている?

いや、間違っていません。

iDeCoのゴール、運用終了時点での目線だと、2050年まで、1000万円くらいのレンジになります。

現在は始めて1年半なので、まだまだこれからです。

しかしこれだと読者の皆さまにとってあまりにも参考にならないのでグラフを拡大します。

私の小さな技術的改善があって、運用成績を過去にさかのぼって毎月取得できるようになりました。

そのため若干グラフの精度が高まりました。

まあ、読者のみなさんにとってはどうでもいい話でしょうが。

昨今のコロナショックで急落しましたが、少し回復がみられます。

しかし、ゴールはあくまで1000万円くらいなので、現在の評価額なんて屁みたいなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です