SBI証券のiDeCoはコースは、セレクトプラン?オリジナルプラン?

SBI証券でiDeCoを始めるとき、オリジナルプランかセレクトプランのいずれかを選択します。

どちらを選ぶべきなんでしょうか?

結論:絶対にセレクトプランを選んだ方がいい

まず結論を述べると、これからSBI証券でiDeCoを始める人は、セレクトプランを選択すべきです。

すでにオリジナルプランでiDeCoを続けている人は、急がなくてもよいですが、時間があるときにセレクトプランへの変更手続きをした方がよいです。

そもそもなぜ2つのプランが存在するのか?

なぜSBI証券のiDeCoには、オリジナルプランかセレクトプランの2プランが存在するのでしょうか?

それはiDeCoの制度が関係しています。

かつてSBI証券のiDeCo口座では、購入可能な商品が67ありました。

しかし2018年5月に法改正があり、各証券会社はiDeCoの商品を35以下に抑えなくてはならなくなりました

玉石混交の中から一般消費者がクソ商品を買ってしまうといけないので、変な投資信託とかは選択肢に入れないでね、と国は証券会社にくぎを刺したのです。

既にさまざまな商品を販売していたSBIは、時間をかけてiDeCoの商品を減らしていきます(商品の取り扱いをやめるには一定以上の既存ユーザーの合意が必要です)。

ですが、投資信託は後発の商品の方が経費などの点で優れることはよくあります

そこで、これまで67あった商品を35に減らして「オリジナルプラン」とするとともに、後発の優良商品に対応するために新たなコース「セレクトプラン」を設けました。(商品数の法規制があるのですが、それぞれのコースの商品数を35以下にすればなぜかセーフらしいです。)

まとめるとこんな感じです。

オリジナルプラン 過去から取り扱っていた金融商品
セレクトプラン 新たに取り扱う優れた金融商品

2つのプランの比較

長期の投資では、アクティブ運用よりもパッシブ運用(インデックス投資)の方が高い成果が得られます。多くの経済学者が時間をかけて証明してきた事実です。

そのため、長期運用が前提となるiDeCoではパッシブ運用とすべきです。

パッシブ運用では、投資先のアセットが同じ場合、商品によって違うことといえば経費率くらいです。逆に言うとそれ以外のことは、ほとんど違いを生みません。

例えば、かばじろうは、iDeCoで先進国株式インデックスファンドを購入していますが、オリジナルプランで購入できる「DCニッセイ外国株式インデックス」とセレクトプランで購入できる「eMAXIS-Slim 先進国株式インデックス」では次のような違いがあります。

コース 商品 投資対象 経費率
オリジナルプラン DCニッセイ外国株式インデックス

MSCIコクサイ・
インデックス(先進国全体の株式インデックス)

0.20412 %
セレクトプラン eMAXIS-Slim 先進国株式インデックス 0.10989 %以内

投資対象が同じなので、上記2つの商品は同程度のリターンが期待できますが、「DCニッセイ外国株式インデックス」の経費率は「eMAXIS-Slim 先進国株式インデックス」の約2倍です。

同じものに投資しているはずが、自動的に2倍の手数料が取られるということです。

1000万円運用している人であれば、年間1万円の差です。

だったら「eMAXIS-Slim 先進国株式インデックス」の方がいいに決まっています。

(「DCニッセイ外国株式インデックス」を悪く言うような形になってしまいましたが、同ファンドは数あるクソ投資信託から比べると全然ましで、けっこう良心的な商品です。ただし、eMAXIS-Slimには負けてしまいます)

プランの変更は面倒!

講釈を垂れてしまいましたが、なんと私はオリジナルプランで運用しています。

iDeCoを始めた当時は、あまり知識がなく、たぶん適当に選んでしまったのでしょう・・・。

低経費率に定評がある「eMAXIS-Slim」シリーズなどが購入できるセレクトプランなるものが存在することに気が付いたのは、わりと最近です。

気が付いてからすぐにコースを変更しようとしたのですが、わりと面倒です。

SBI証券では大概の手続きはネットで完結できるのですが、郵送の書類のやり取りが必要です。

  1. 私は現在、変更手続き中でこんな感じです。
  2. SBI証券にログインし、iDeCoのページから変更手続きする。
  3. 家に書類が届く
  4. 書類に各種記入、セレクトプランに変更希望の旨を記入し、返送 ← 今ここ
  5. まだまだ続く(今後のことは分からない)

私は確か2週間くらい前に④で返送したところですが、なかなかレスがなくヤキモキしています。

紙でやり取りするとこんなものですよね。

 

このようにコース変更は面倒なので、これからiDeCoを始める方はセレクトプランを選択するべきです。

おわりに

SBI証券のiDeCoでは、オリジナルプランではなくセレクトプランを選択すべきです。

オリジナルプランは、過去からの経緯で存在しているだけで、新しくiDeCoを始める方が選択するメリットがありません。

すでにオリジナルプランで運用されている方も、無為に日々お金が吸い取られるよりは、多少面倒ですが変更手続きをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です